ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

  1. ホーム
  2. 社内文書
  3. 委託研究費の稟議書

委託研究費の稟議書

ポイント

  • 決裁項目を明確に示す
  • 決裁案件の経緯や目的を明記し決裁を求める
  • 承認を得るため議案を明記し、その必要性を強調する。
  • 会社によって閲覧・決裁者の範囲はまちまち。書式も会社によって異なる。押印や意見欄も違うので、その会社の書式に従って所定の欄に記入する
  • 検討・調整が正確に行われるための資料を添付するのもよい。

委託研究費の稟議書

委託研究費の稟議書のテキスト

                               〇〇〇〇年〇〇月〇〇日
研究開発統括部長殿
                               技術調査課長 
                               〇〇〇〇

               〇〇〇〇年度委託研究費の件

標題の件、各種研究機関、大学等に対する委託研究費拠出額につき、来年度は下記のとおりといたしたく、ここに稟議いたします。

               記

1.目的   対象施設における開発技術の活用、当社研究者の派遣による新技術習得、および対象施設との良好な関係の維持発展。
2.拠出先   新技術××総合研究所など、計16施設
         (詳細は別紙一覧表参照)
3.総額   55,600千円
(施設別内訳は上記一覧表に記載)
4.今年度との差異
(1)総額で10%強の圧縮(▲6,400千円)。
(2)社員派遣先は現状維持としたが、他の施設については開発の成否を勘案し、2施設の委託研究を打ち切る。
(3)類似テーマの4施設を2施設に絞りこむ。
5.その他 寄付金については、すべて断ることを基本方針とする。
(本年度実績;7施設に対し計3,200千円)
                               以上

ページトップへもどる

サイト内検索