ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

  1. ホーム
  2. 社内文書
  3. 取引先接待の稟議

取引先接待の稟議

ポイント

  • 決裁項目を明確に示す
  • 決裁案件の経緯や目的を明記し決裁を求める
  • 承認を得るため議案を明記し、その必要性を強調する。
  • 会社によって閲覧・決裁者の範囲はまちまち。書式も会社によって異なる。押印や意見欄も違うので、その会社の書式に従って所定の欄に記入する
  • 検討・調整が正確に行われるための資料を添付するのもよい。

取引先接待の稟議

取引先接待の稟議のテキスト

                               ○○年○○月○○日

経理部長殿

                               ○○○○○部 ○○○○○


               懇親ゴルフコンペ開催に関する件


掲記の件につき、下記内容のご承認をお願い申し上げます。


               記

   1.実施日     ○○年○○月○○日(○)

   2.支払先     ○○○ゴルフクラブ

   3.支払金額    150,000円

   4.参加者
      取引先招待者
             株式会社山川流通 第1営業部長      海山太郎 様
                      第1営業部       山田三郎 様
                      マーケティング部長   風谷花男 様
                 

             当社出席者
                      営業部長        佐藤二三夫
                      営業部         鈴木高男
                      企画部         高田幸子

                                  合計 6名

  5.理由
     当社の○○業界への進出にあたり、同業界に広いネットワークを持つ株式会社
     山川流通との関係をより緊密にする必要があります。同社の部長が2名参加し、同社との太いパイプラインの形成を目指します。

 6.投資効果
     株式会社山川流通を通じ、同社顧客○○社へ販路を確保

 7.添付資料      見積書

                                      以上

ページトップへもどる

サイト内検索