ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

社長就任の祝い

ポイント

  • 会社のトップ就任の祝い状は、基本的な構成に加え、「これまでのお仕事ぶりから、社長になることを確信していた」「社長に就任することで、会社もますます発展するだろう」という意味の表現を盛り込むとよい。

類似文書

社長就任の祝い(1)

社長就任の祝い(1)のテキスト

                               平成○○年○月○日
○○○○株式会社
代表取締役社長○○○○殿

                               株式会社○○○○
                               代表取締役○○○○

社長就任のお祝い

拝啓 春暖の候 貴社いよいよご隆昌のこととお喜び申し上げます。日頃はひとかたならぬご懇情を賜わり、深謝申し上げます。
 さて、この度は、あなた様におかれましては取締役社長にご就任の由、誠に慶賀の至りと存じ上げ、心からお祝い申し上げます。
 かねてより、専務取締役として、この業界ですでに十分なご経験とご実績をお持ちであり、そのご活躍には敬服申し上げておりました。あなた様のご就任により、貴社の今後のますますのご発展ご躍進は、約束されたものと確信する次第です。
 このうえは、ご自愛のうえ、ますますご活躍なされますようお祈り申し上げます。
 ますは略儀ながら、書中をもってご就任のお祝いを申し上げます。

                               敬具

ページトップへもどる

社長就任の祝い(2)

社長就任の祝い(2)のテキスト

                               平成○○年○月○日
○○○○株式会社
代表取締役社長○○○○殿

                               株式会社○○○○
                               代表取締役○○○○
               社長就任のお祝い

謹啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃はひとかたならぬご高配に与りありがとうございます。
 さて、承りますれば、このたび、代表取締役社長に就任されましたとのこと、謹んでお祝い申し上げます。これまで、常務取締役としての類い稀な人望と卓越した市場戦略には、業界ひとしく相認めるところでありました。
 今後も御社は、尊台の、時代を読み取る先見力と持前の強力な指導力で、さらなる躍進を遂げられることを、切にご期待申し上げる次第であります。
 くれぐれもお身体にお気をつけられ、ますますのご活躍を祈念して、お祝いのご挨拶とさせていただきます。
本来であれば拝眉のうえお祝いを申し上げるべきところ、略儀ながら書中をもってご挨拶を申し上げます。
                               謹白

ページトップへもどる

社長就任の祝い(3)

社長就任の祝い(3)のテキスト

拝復 新春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。  さて、このたび、ご尊父の後を継がれ、取締役社長にご就任の由、心からお祝い申し上げます。  多年にわたり、常務取締役としてご尊父を補佐され、経営にあたられた経験を活かして、今後ますますご活躍されることを期待してやみません。  なお、ご就任披露のご宴席にご招待をいただき、誠にありがとうございます。当日は喜んで列席させていただき、ご祝詞申し上げたいと存じます。  まずは、とりあえず書中をもちまして、お祝いを申し上げます。 

                               敬具
平成○○年○○月○○日
                               株式会社○○○○○
                               代表取締役社長 ○○ ○○
株式会社●●●●●
代表取締役社長 ●● ●●様

ページトップへもどる

社長就任の祝い(4)

社長就任の祝い(4)のテキスト

拝復 秋冷快適のみぎり、御社におかれましては、ますますご清栄のことと拝察し、お喜び申し上げます。
 さて、このたびは代表取締役社長にご就任の由、誠に喜ばしく心からお祝い申し上げます。業界多難の折から、貴台の卓越したご手腕、ご見識に期待するところ大なるものがございます。このうえは、一層ご健康に留意され、ご活躍のほど心から祈念申し上げます。
 つきましては、心ばかりのお祝いの品をお届け申し上げましたので、当社の微意をお汲み取りくださいまして、何卒ご笑納くださいますようお願い申し上げます。
 なお、就任のご披露宴にご招待賜り、ありがとうございます。当日は喜んで、列席させていただき、親しくご祝詞申し上げたいと存じております。
 まずは、略儀ながら、書中をもちまして、とりあえずお祝いのご挨拶とご披露宴へのご招待のお礼を申し上げます。 

                               敬具
平成○○年○○月○○日
                               株式会社○○○○○
                               代表取締役社長 ○○ ○○
株式会社●●●●●
代表取締役社長 ●● ●●様

ページトップへもどる

社長就任の祝い(5)

社長就任の祝い(5)のテキスト

拝復 薫風の候、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。
 承りますれば、○○○様には代表取締役社長にご就任なされたとのこと、謹んでお祝い申し上げます。今日のご快挙を成し遂げられたのは、ひとえに○○○様のご精励の賜物と深く感服しております。
今後はいかんなくご才腕を発揮され、貴社がますます大きな飛躍を遂げられることを心よりお祈り申し上げます。
ますます厳しくなると思われる社会環境の中、ご苦労も多いと思われますが、ご自愛専一にご活躍くださるようお祈り申し上げますとともに、今後とも相変わらぬご指導ご厚情を賜りますようお願いいたします。
本来であれば拝眉のうえお祝いを申し上げるべきところ、略儀ながら書中をもってご挨拶を申し上げます。
敬具
 ○○年○○月○○日
                                         
                   ○○○○○株式会社
                    ○○○○○部長 ○○○○○
                                         
 ○○○○○株式会社
  代表取締役社長 ○○○○○様

ページトップへもどる

サイト内検索