ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

得意先社長令嬢結婚の祝い

得意先社長令嬢結婚の祝い

得意先社長令嬢結婚の祝いのテキスト

                               平成○○年○月○日
株式会社○○○○
代表取締役社長○○○○様
                               ○○○○株式会社
                               取締役社長○○○○
               ご結婚の祝い
謹啓 菊薫る候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 平素は、ひとかたならぬお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、このたび、ご令嬢○○様にはご良縁ととのわせられ、めでたく華燭の典を挙げられます由を承り、誠に喜ばしく、心よりお祝い申し上げます。
 ご本人様はもとより、あなた様をはじめとするご家族の皆様のお喜びはいかばかりかと拝察いたします。
 早速にもお祝いに参上すべきところですが、お忙しいところかえってご迷惑かと存じ、取りあえず書面をもちましてお祝詞を申し上げます。
 なお、別便にて、心ばかりのお祝いの品をお送りいたしましたので、よろしくご受納ください。
                               謹白

ページトップへもどる

サイト内検索