講演会の依頼

講演会の依頼は、人材育成などの事業推進上自社にないスキルを提供してもらうために、相手方にお願いする文書です。

ポイント

  • 依頼の経緯と目的を明示する
  • 講演を依頼する際にいちばん重要なのはスケジュールなので、記書き部分も、日時を最初に書くほうがわかりやすい。
  • 相手に対するお願いの気持ちが伝わるように文面は丁寧に書く
  • 相手が準備できる時間的余裕をもって伝える

類似文書

講演会の依頼(1)

講演会の依頼(1)のテキスト

○○年○○月○○日
○○○○○大学
○○○○○教授
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部 
                               ○○○○○

               講演会へのご登壇のお願い

 拝啓 ますます清栄のこととお慶び申し上げます。
 
さて、本年も、恒例の当社主催の講演会を下記の通り催し、皆様のご厚情に対して、いささかの謝意を表したいと存じます。

つきましては、○○○○○の分野でご活躍中の先生にぜひともご講演いただきたくお願い申し上げる次第でございます。
 
ご繁忙の折からまことに恐縮ではございますが、下記日程でご都合がよろしければ、ご承諾いただきたく、ご配意のほどよろしくお願い申し上げます。

略儀ながら書中を以てお願い申し上げます。
                               敬具


記
  1.日 時 〇〇〇〇〇年〇〇月〇〇日(〇)〇〇時〜〇〇時
  2.テーマ 〇〇〇〇〇
  3.会 場 弊社〇〇会議室
  4.受講者 新任係長を中心に80人を予定
  5.謝 礼 ○○○○○円
  6.連絡先 総務部総務課 山田(電話:03-3322-××××)
                               以上

ページトップへもどる

講演会の依頼(2)

講演会の依頼(2)のテキスト

○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
                               ○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部 
               ○○○○○
 講演依頼の確認について
 前略 先日は、お電話でご講演をお願いいたしましたところ、早速ご快諾を賜り厚くお礼申し上げます。
 なお、ご依頼の内容は下記のとおりでございます。いま一度ご確認をいただければ幸いに存じます。
                                草 々 
1. 日 時  ○○年○○月○○日
2. 場 所  ○○○○○ホテル3F 小ホール
3. 演 題  『○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○について』
4. 対象者  ○○○○○担当者
5. 備 考  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
                               以 上 
 担当 ○○部 ○○ ○○ 

ページトップへもどる

講演会の依頼(3)

講演会の依頼(3)のテキスト

○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部 
                               ○○○○○
               ご講演のお願い
拝啓 新緑の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
突然書状を差しあげるご無礼をお許しください。標題のとおり、ぜひ先生にご講演賜りたく拙文をしたためた次第です。
先生の近著『再考“IT革命”――暗澹から希望へ』を拝読いたしました。IT革命にプラスとマイナスの両面があることは多くの識者が説くところですが、そのマイナス面をいかにプラスに転ずるか、先生はそのための新しい観点と方策とを提言しておられます。
同封の会社案内にありますとおり、私どももIT産業の末端に連なるものですが、会社の将来方向を斬新な視点で見直すための機会として、先生のご高説を拝聴いたしたく、講演会を企画した次第です。
講演会の概要といたしましては、
・時期 5月下旬~6月上旬
・場所 弊社(東京・大手町)
・人員 約50名(弊社管理職対象)
を予定しております。
ご承諾いただけるようであれば、その他の条件についてもお打ち合わせいたしたく、下記にご一報いただければご指定の場所に参上いたします。
06-XXXX-XXXX またはt-yamada@XXX.co.jp
ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。
                               敬具

ページトップへもどる

講演会の依頼(4)

講演会の依頼(4)のテキスト

○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部 
                               ○○○○○

               管理者向けご講演のご依頼

拝啓 立春の候、貴社ますますご清栄のことと、お慶び申しあげます。平素は、何かとご引き立てをいただき厚くお礼申しあげます。
 さて、貴社の「トップ賞」受賞は、我々製造業にとりまして、この上ない喜びであります。そこで、その取組みの一端を、当社若手技術者にお話しいただくことで、品質の向上につなげていきたいと考えております。ゆくゆくは、御社へより品質の高い部品をご提供できれば幸いと存じます。
 つきましては、先日のお打合せ結果を踏まえ、下記のとおり講演会を計画いたしました。内容をご確認いただきたくお願い申しあげます。
 まずは、略儀ながら書中をもちましてご依頼申しあげます。
                                 敬具
               記
1. 講演テーマ:「品質に対する取組みと実践事例」
2. 日 時:〇〇〇〇年〇〇月〇〇日(〇)〇〇:〇〇~〇〇:〇〇
3. 会 場:弊社講堂(添付資料参照)
4. 対象者:設計・製造部署の主任・課長クラス約100人
5. 配付資料:〇〇月〇〇日(〇)までに送付してください
尚、当日は準備の都合上15:00までご来社ください。また、質疑応答として30分程お含みおきいただきますようお願いいたします。
                               以上

ページトップへもどる

講演会の依頼(5)

講演会の依頼(5)のテキスト

○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部 
                               ○○○○○

               講演のお願い

拝啓 先生におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび弊社では営業力強化のため社内研修会を実施することとなりました。つきましては、下記の内容にて先生にご講演を賜りたくお願い申し上げる次第です。
 なお、ご多忙中大変恐縮ですが、同封のFAX返信用紙にて○月○日までにお知らせいただくか、お電話を頂戴できましたら幸いです。
 まずは略儀ながら、書面をもってご講演のご依頼まで。
                               敬具
               記
1. 日 時  平成○年○月○日(月) 13:00~17:00
2. テーマ  営業力強化のためのコミュニケーション能力
3. 会 場  弊社会議室
4. 謝 礼  50,000円
                               以上

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com