ポイント

  • 相手に対するお願いの気持ちが伝わるように文面は丁寧に書く
  • なぜ依頼することになったか経緯が分かる表記をする

類似文書

請求書訂正の依頼(1)

請求書訂正の依頼(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               請求書訂正のお願い
 前略 用件のみ取り急ぎ申し上げます。

○○月○○日付請求書、確かにいただきました。早速内容の照合と検算をしましたところ、別紙のとおり間違いが出てきましたのでお知らせいたします。

折返し訂正のうえ大至急再請求していただければ今月のお支払いには間に合いますので、お手配ください。  
まずはご連絡まで
                               草 々 担当 販売部 ○○ ○○

ページトップへもどる

請求書訂正の依頼(2)

請求書訂正の依頼(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご請求書訂正のお願い
拝啓
 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご厚情をいただき、御礼申し上げます。

 さて、本日、○月分貴請求書を確かにいただきました。早速、弊社帳簿と照合したところ、別紙の通り、○○○○○○が二重請求されております。返却いたしますので、御社の帳簿と照らし合わせ、ご確認いただき、至急ご訂正の上、再請求いただけますようお願い申し上げます。

 なお、請求書の到着が○○日までであれば、当月請求分としてお支払いいたしますので、ご手配の程お願い申し上げます。

 まずはご連絡かたがたお願いまで。
                               敬具

ページトップへもどる

請求書訂正の依頼(3)

請求書訂正の依頼(3)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               請求書訂正のお願い
 前略 用件のみ取り急ぎ申し上げます。

本日、○○月分貴請求書、確かにいただきました。早速当社帳簿と照合しましたところ、締切後の前月支払済が混ざり合い、支払額確定に苦心しています。一応返却いたしますので、物品受領書押印の日付印と照合して再提出してください。

今月は特例として、別記金額のお支払手続きをとっておきましたが、次月もこのようなことが続くようでしたら、当月お支払いはいたしかねますので、お含みおきください。 
まずはご連絡かたがたお願いまで
                               草 々 担当 経理部 ○○ ○○ 

ページトップへもどる

請求書訂正の依頼(4)

請求書訂正の依頼(4)のテキスト

                               平成〇〇年〇月〇日
株式会社 〇〇〇〇
 営業部 〇〇〇〇 様
                               株式会社〇〇商事 
                                経理部 〇〇〇〇

               請求書ご確認のご依頼

前略 日頃は、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、貴社請求書番号No.〇〇〇〇〇〇〇の請求書をご送付いただきありがとうございました。早速当社でも内容を確認いたしましたが、〇月末までの検収完了品の品目と数量が当社帳簿と異なっております。
 当社でも再度詳細に調査いたしますが、貴社におかれましても本状に添付いたしました別紙資料をご覧の上、再度ご確認いただきますようお願い申し上げます。
 なお、貴社にて差異の原因が特定できましたら、至急小職にご連絡いただくとともに、訂正した請求書を再送付していただけませんでしょうか。ご多忙のところ恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
 まずは取り急ぎご連絡まで。
                               草々

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com