ポイント

  • 相手に対するお願いの気持ちが伝わるように文面は丁寧に書く
  • なぜ依頼することになったか経緯が分かる表記をする

価格改定猶予の依頼

価格改定猶予の依頼のテキスト

                               〇〇年〇〇月〇〇日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○


               価格改定猶予のお願い

拝復 仲秋の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。平素は、ご高配いただきありがとうございます。
 さて、10月3日付貴信(営業XX-012)にて、貴社製品「○○○」の価格改定につきましてご連絡をいただきました。日頃格別のご支援を頂戴している貴社のご依頼にお応えすべく、前向きに検討いたしました。
 しかし、貴社製品「○○○」は弊社の目玉商品としてお取引先にもお勧めし、今年度の価格は現行通りということで契約している状況です。
 つきましては、今回のご依頼に対し、今しばらくのご猶予をいただきたいと存じます。何卒ご高配のほど、よろしくお願い申しあげます。
 なお、お手数ながら本件に関するご回答を10月25日(金)までにお願い申しあげます。
 まずは、ご返事かたがたお願いまで。
                               敬具

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com