ポイント

  • 相手に対するお願いの気持ちが伝わるように文面は丁寧に書く
  • なぜ依頼することになったか経緯が分かる表記をする

得意先斡旋の依頼

得意先斡旋の依頼のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               お得意先斡旋のご依頼
拝啓
 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます。

 さて、小社では現在、昨年○○月より発売を開始いたしました○○○向け制御装置の新製品「○○○」の好評を受け、全国各地区で販売拡大活動を展開しております。

 しかしながら、小社にとって戦略的拠点とも言うべき○○○地方に関しましては、いまだ販売にご協力をいただける会社様が決定しておらず、対応に苦慮しているところでございます。

 つきましては、貴地で長年にわたり事業を営んでおられる貴社に、小社にご協力をいただける販売店様をぜひともご紹介いただきたくお願い申し上げます。

 ご繁忙中、誠に恐れ入りますが、小社の○○○地区営業統括責任者が近々貴社に参らせていただきますので、その際ご教示いただければ幸いに存じます。

取り急ぎお願いまで。                    
                               敬具

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com