ポイント

  • 相手に対するお願いの気持ちが伝わるように文面は丁寧に書く
  • なぜ依頼することになったか経緯が分かる表記をする

類似文書

支払猶予(延期)の依頼(1)

支払猶予(延期)の依頼(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               支払日延伸のお願い
拝啓 貴社いよいよご隆昌のこととお慶び申し上げます。毎々御愛顧をいただき誠にありがとうございます。

 貴社よりご送付いただきました○○月分の仕入代金計算書、確かに拝見いたしました。

 実は甚だ勝手なお願いではございますが、例月は○○日にご送金させていただいておりましたが、今月分につきましては、○○日までご猶予をお願いいたしたくご連絡申し上げる次第でございます。御社にご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。

 ご承知のとおり、今年は暖冬のため、冬物の在庫を相当量かかえた関係で、資金繰りに苦慮してまいりました。今月に入りようやく例年並みの寒さになり、販売状況も回復してまいりました。必ず○○日にはご送金差し上げますことをお約束いたします。

大変に身勝手なお願いでお詫びの言葉もございませんが、どうぞ事情をおくみとりいただき、特別の配慮をもってご了承賜りますよう、伏してお願い申し上げます。

 まずは書中を以てお詫びとお願いを申し上げます。
                               敬具

ページトップへもどる

支払猶予(延期)の依頼(2)

支払猶予(延期)の依頼(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○


               支払い猶予のお願い

謹啓 秋冷の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。平素はひとかたならぬお引き立てにあずかりまして、厚くお礼申し上げます。

さて、早速ですが、今月分のお支払いに関しまして、折り入ってご相談させていただきたく、まことに恐縮ながら本状を差し上げる次第です。大変申し上げにくいのですが、ご請求額○○○○○円のお支払いを、来月20日までご猶予いただけませんでしょうか。

実は、弊社大口取引先が倒産し、売掛金が未回収となる予期せぬ事態が発生いたしました。弊社としても、資金繰りに奔走いたしておりますが、不本意ながら、今月中のお支払いが極めて困難な状況になっております。
しかしながら、来月初めには他の取引先より確実な入金の見込みがあり、さらなるご迷惑を貴社におかけすることは決してございません。

 多大なるご迷惑をおかけいたし申し訳ございませんが、かかる事情をご斟酌いただき、ご高配賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

                               謹白

ページトップへもどる

支払猶予(延期)の依頼(3)

支払猶予(延期)の依頼(3)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               支払延期のお願い 
拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。日ごろは何かとご厚情にあずかり、深く感謝しております。
 さて、早速ながら○○月○○日締め、貴社よりの仕入代金支払いにつきまして、約定日から○○日遅れの○○月○○日まで延ばしていただきたくお願い申し上げます。
 これは、まったく身勝手なお願いでございますが、当社大口納入先○○○○○工業株式会社の検収遅れによるもので、まったく一時的なものであります。 
 何卒ご配慮のほどお願いいたします。

                               敬具  担当 営業部 ○○ ○○

ページトップへもどる

支払猶予(延期)の依頼(4)

支払猶予(延期)の依頼(4)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               支払延期のお願い 
拝啓 貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。いつも何かとご高配をいただき、厚くお礼申し上げます。 
 さて、○○○○○株式会社納入貴社製品につきましては、ご高承のごとく、クレーム処理交渉中で、もちろん未検収であります。 
 これらの事情は、貴生産技術部○○○○○係長殿が○○○○○株式会社品質管理部担当者と調整交渉に努力されていますので、何卒ご確認のほどお願いいたします。 
 つきましては、○○月○○日締め貴社お支払分につきましては暫くご猶予くださいますようお願い申し上げます。

                               敬具

ページトップへもどる

支払猶予(延期)の依頼(5)

支払猶予(延期)の依頼(5)のテキスト

                               
               





                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               お支払い日について

謹啓 貴社いよいよご盛栄のこととお喜び申し上げます。毎々格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、○月末日支払いのご請求書を本日拝受いたしました。つきましては、誠に恐れ入りますが、折り入ってご相談がございます。下記のとおり支払いを、○月末日までご猶予いただけないでしょうか。
 遅延理由は、誠に身勝手とはなりますが、弊社業績不振のためです。しかしながら、○月○日には他の取引先からの入金が確定しております。そのため、貴社にこれ以上ご迷惑をおかけすることは決してございません。
 勝手なお願いで大変恐縮ですが、事情をご賢察のうえご猶予くださいますよう、伏してお願い申し上げます。
                               謹白
               記
1.品  名     ○○○○○ 20台
(¥120,000/台)合計¥2,400,000
2.延期支払希望日  ○月○日
                               以上

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com