ポイント

  • 相手に対するお願いの気持ちが伝わるように文面は丁寧に書く
  • 金額、融資の期限(いつまでに貸してほしいのか)、返済方法(期日、一括か分割かなど)、融資条件(利息、担保)、そして融資が必要な理由の5項目は必須。
  • 先方とは、融資を持ちかけてもおかしくない親しい関係であることが、絶対的な条件になる。
  • 他に頼むところがないことを訴える。

類似文書

融資の依頼(1)

融資の依頼(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご融資のお願い
拝啓
 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、唐突なお願いとなり恐縮ですが、折り入ってご相談したいことがございます。

実は、弊社の大口取引先が倒産し、売上金が回収できない見込みであることが、先週末に発覚いたしました。取引先の経営状況に対する認識の甘さがあったことを深く反省している次第でございます。

このため、本来ならばその売上金で今月末に材料費等の支払いをする予定でおりましたが、資金繰りの目処が立たずに困窮しております。また、銀行融資も間に合わない状況です。

そこで、平素の御厚情に甘えるようで大変恐縮なのですが、金○○万円を御融資いただきたくお願い申し上げます。

返済につきましては、銀行からの融資が受けられる予定ですので来月末には全額一括してお支払いする所存です。不躾なお願いで誠に恐縮でございますが、何卒、事情をご理解、ご配慮下さいますようお願い申し上げます。

取り急ぎ書中にてお知らせかたがたお願い申し上げます。

                               敬具

ページトップへもどる

融資の依頼(2)

融資の依頼(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご融資のお願い

拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、たいへん突然なお願いではございますが、短期融資といたしまして、○○万円を○月○日までにご融通いただけませんでしょうか。

 実は、取引先の一社が倒産いたしまして入金の不足が生じ、当社の手形決済期日を前に、資金繰りに苦慮しております。来月末には、別途の大口な入金が見込まれておりますので、それで返済することをお約束いたします。また、担保などの諸条件につきましては、貴社のご意向に添うように、つとめさせていただきます。

 まことに身勝手なお願いであることは重々承知しておりますが、小社の事情ご賢察の上、なにとぞお聞き届けくださいますよう、伏してお願い申し上げます。

                               敬具

ページトップへもどる

融資の依頼(3)

融資の依頼(3)のテキスト

                               平成○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               融資のお願い

謹啓 貴社におかれましてはますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび折り入ってお願い申し上げたいことがございます。
 実は弊社では新商品の販売キャンペーンを行ったところ、当初の予定をはるかに下回る結果となり、資金繰りが極めて苦しい状況にあります。他社様にもあたったのですが、よい回答は得ることができず、非常に困っております。
 つきましては、誠に恐縮でございますが、金500万円をご融通いただけませんでしょうか。
 何とぞご賢察のうえ、ご厚情賜りますよう、伏してお願い申し上げます。
 取り急ぎ書面をもちまして、融資のお願いまで。
                               謹白

ページトップへもどる

お問い合わせ

E-mail
mail.b-writing.com