ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

債権回収不能に関する始末書

始末書は、自分(部下)が原因で引き起こしたトラブルに対して反省し、会社に対してお詫びすることを目的とした文書です。

ポイント

  • 過失をおかした原因を明確にし、再発防止策を記述する。
  • 回収不能に至った経緯を説明し、反省していることを強調する。

類似文書

債権回収不能に関する始末書(1)

債権回収不能に関する始末書(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
代表取締役社長
○○○○○様 
                               ○○○○○部 
                               ○○○○○



               始末書


 私が担当しておりました得意先である○○○○○株式会社は、○○年○月○日に1回目の不渡りを出し、事実上倒産いたしました。

 不動産や有価証券などの資産は、すでにメインの○○○○○銀行の管理下にあり、当社の売掛金○○○万円が回収不能の見込みとなりました。

 ○○○○○株式会社の倒産に関しましては、業績不振にもかかわらず、過剰な設備投資を進めたためと考えられます。数ヶ月前から経営不振の評判がたち、取引額の縮小に努めてまいりましたが、当社の債権確保の万全を期する点において不十分であったことを深く反省しております。

 つきましては、会社に対して多大な損害を与えてしまったことを心からお詫びするとともに、今後このような不始末を二度と起こさないことをお誓い申し上げます。

                               以上

ページトップへもどる

債権回収不能に関する始末書(2)

債権回収不能に関する始末書(2)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
代表取締役社長
○○○○○様 
                               ○○○○○部 
                               ○○○○○

               始末書

私こと、○○○○の担当取引先である○○○○株式会社は、平成××年9月10日に不渡手形を出して事実上倒産いたしました。
土地や有価物はすでに銀行の管理下にあり、当社の売掛金残高および受取手形は回収不能と推量されます。営業担当者として事前に同社の信用状況を十分に把握できず、このような事態となり、会社に対して多大の損害を与える結果となりましたことを、衷心より深くお詫び申し上げます。
今後、二度とこのような不始末を生起させないことをお誓い申し上げます。
                               以上

ページトップへもどる

サイト内検索