ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

商品紛失の始末書

始末書は、自分(部下)が原因で引き起こしたトラブルに対して反省し、会社に対してお詫びすることを目的とした文書です。

ポイント

  • 過失をおかした原因を明確にし、再発防止策を記述する。
  • 自己弁護をせず、謝罪の姿勢に徹するのが鉄則である。
  • 部下の不祥事であっても、弁明めいたことを書くのは禁物
  • 部下に対する責任の所在が明らかになった時点で、すみやかに提出する
  • 商品紛失の経緯を説明し、反省していることを強調する。

商品紛失の始末書

商品紛失の始末書のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               始 末 書
  私は、平成○年○月○日午後○時頃、○○線○○駅-○○駅区間の車内で、○○工業株式会社納め○○個入り段ボール箱1カートンを紛失いたしました。  下車後、網棚に置き忘れたことに気づき、○○駅に捜査を依頼しましたが、発見をみておりません。
  私の不注意により、会社に多大の損害をおかけしたことは、誠に申し訳なく、心からお詫び申し上げます。  今後は、かかることのないように注意することを誓います。
  この件につきましては、就業規則に照らして、如何なるご処置を受けても異議ありません。
                               以 上 

ページトップへもどる

サイト内検索