ポイント

  • 何が不足・未処理なのか、まずは状況を正確に伝える
  • 相手の不手際を責めることなく要求を理解してもらう

不渡手形に対する代金督促

不渡手形に対する代金督促のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               不渡手形のお支払いについて
前略 取り急ぎ用件のみ申し上げます。  ○○月分商品代金として貴社からいただいた貴社振出しの約束手形第9999号、当社取引銀行を通じて取り立てましたところ、本日、取引停止の理由で不渡りとして返却されました。  つきましては、その手形金額999,999円を、本状到着後○○日以内に当社取引銀行当座口(下記)にお振込みお願いいたします。          

草々
記
○○○○○銀行 ○○○○○支店 
当座預金 99999999 株式会社○○○○○
                               以上

ページトップへもどる