ポイント

  • 何が不足・未処理なのか、まずは状況を正確に伝える
  • 相手の不手際を責めることなく要求を理解してもらう

紹介あっせんの催促

紹介あっせんの催促のテキスト

                               ○○年○○月○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
               ご紹介のお願いについて

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、かねてよりご尽力をお願いいたしております○○株式会社 営業担当者のご紹介の件、その後いかが相成りましたでしょうか。
平素はひとかたならぬご厚情を賜りながら、催促がましいお願いは控えるべきと自戒しておりますが、なにぶんにも差し迫った事情がありますゆえ、山田様のご親切にただただおすがりする次第でございます。
なにとぞ悪しからずおぼし召しいただき、ご多用中とは存じますが、よろしくお力添えのほど、重ねてお願い申し上げます。
                               敬具

ページトップへもどる