ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

寒中見舞い

寒中見舞いは、冬の寒さに対して相手の安否をたずね、ねぎらいや励ましの言葉を伝える文書です。

ポイント

  • タイミングよく届けることが大事
  • 寒さの安否やねぎらいなどの言葉を伝える
  • 業務上の伝達事項なども伝える場合がある

類似文書

寒中見舞い(1)

寒中見舞い(1)のテキスト

                               平成○○年○月○日
お客様各位
                               ○○○○株式会社
                               取締役社長○○○○
               寒中見舞い
寒中お見舞い申し上げます。
 毎度お引立てを賜わり、厚く御礼申し上げます。
 本年は例年にない寒さとか、雪の災害のニュースが連日報じられているようです。
 つきましては、恒例となりました冬物バーゲンフェア、今年は半月繰り上げ、下記の要領で開催させていただきたいと存じます。
 ぜひとも皆様お誘い合わせのうえ、ご来場くださいますように、お待ち申し上げております。
               記
1 日時 ○月○日 午前○時~午後○時
2 場所 本社6階会議室

                               以上

ページトップへもどる

寒中見舞い(2)

寒中見舞い(2)のテキスト

 寒中お見舞い申し上げます
御地におかれましては降雪積雪の多き土地柄ゆえ、寒さもひとしおであるかと推察いたしております。ご一同様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
お足元が楽な時節になりましたら、ぜひとも当社新製品であります○○○○をご覧いただきたく、弊社社員一同、お待ち申しております。○○○○は最新鋭の装備を備えた、弊社をあげての製品でございます。貴殿のおめがねにかないましたら幸甚に存じます。
今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。

 ○○年○○月○○日
                                         
                   ○○○○○株式会社
                    代表取締役社長 ○○○○○

ページトップへもどる