ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

役員選任の挨拶(1)

役員選任の挨拶(1)のテキスト

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、去る○月○日開催の定時株主総会および取締役会において、下記のとおり選任され、それぞれ就任いたしました。
 つきましては、経営環境が一段と厳しさを増してきつつある昨今、私ども一同、一層の業績向上に専心する所存でございますゆえ、何卒、倍旧のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。
 なお、取締役○○○○、××××の両名は退任し、新たに顧問に就任いたしましたので併せてご高承のほどお願い申し上げます。
 まずは、略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

                               謹白
平成○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
代表取締役社長 ○○ ○○

               記
代表取締役社長  ○○ ○○
専務取締役  ○○ ○○ 〔昇 格〕
常務取締役(総務担当) ○○ ○○ 〔異 動〕
常務取締役(営業担当) ○○ ○○
取 締 役  ○○ ○○
取 締 役  ○○ ○○ 〔新 任〕
取 締 役  ○○ ○○
取 締 役  ○○ ○○ 〔新 任〕
監 査 役  ○○ ○○

                               以上

ページトップへもどる

役員選任の挨拶(2)

役員選任の挨拶(2)のテキスト

謹啓 立夏の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。  さて、このたび○○工業大学講師○○○○氏を当社取締役として迎え、技術陣の充実強化を図り、新技術の研究開発ならびに商品化を推進することとなりました。  つきましては、今一層のご支援、ご指導を賜りたくお願い申し上げます。  まずは、略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。
                               謹白
平成○○年○○月○○日
                               株式会社○○○○○
                               代表取締役社長 ○○ ○○

ページトップへもどる

役員選任の挨拶(3)

役員選任の挨拶(3)のテキスト

謹啓 麦秋のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。  さて、私こと○○○○はこのたび、高松社長のご懇情により、○○○○株式会社に入社、取締役として技術面の指導にあたることになりました。  つきましては、浅学非才の身ではありますが、技術成果獲得のために微力を傾ける覚悟でございますので、何卒、ご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。  まずは、略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。
                               敬 具
 平成○○年○○月○○日
                               株式会社○○○○○
                               代表取締役社長 ○○ ○○

ページトップへもどる

サイト内検索