ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

歳暮送付の挨拶

歳暮の挨拶は、日頃お世話になったことに感謝し贈り物を送るための言葉を伝える文書です。

ポイント

  • デパートなどから品物を送りっぱなしにするのではなく、会社の代表者または部署の責任者名で、日ごろの感謝を伝え、発送を通知するあいさつ状を、品物に添えて送りたい。
  • 文面は、①日ごろの感謝→②感謝の気持ちを込めてささやかな品物を送る通知→③今後もよろしく、と展開させる。
  • タイミングよく届けることが大事である

類似文書

歳暮送付の挨拶(1)

歳暮送付の挨拶(1)のテキスト

拝啓 歳末ご繁忙のことと存じますが、貴店益々ご繁栄の趣、慶賀に存じ上げます。本年も格別のお引き立てを賜わり、厚くお礼申し上げます。
 本来であれば、一年の感謝の念を申し述べるべく参上すべきところですが、歳末の雑用に追われ、失礼いたしました。
 つきましては、本日、謝意のしるしとして、別便にて心ばかりの品を送らせていただきました。ご笑納くだされば幸いです。
 寒さ厳しき折から、皆々様にはくれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

                               敬具
                               〇〇〇〇〇株式会社
                               〇〇 太郎

ページトップへもどる

歳暮送付の挨拶(2)

歳暮送付の挨拶(2)のテキスト

拝啓 今年も残り少なくなり、何かとご多忙の毎日をお過ごしのことと拝察申し上げます。
 いつも変わらぬ温かいご支援、ご愛顧のおかげをもちまして、大過なく年の瀬を迎えることができました。来る年も、何卒相変わりませず、ご厚誼のほど心からお願い申し上げます。
 つきましては、日頃の感謝の気持ちを込めまして、○○百貨店からお歳暮を送らせていただきました。ご笑納いただければ幸いです。
 良いお年をお迎えくださいますよう、お祈り申し上げます。
 まずは、ご案内かたがたご挨拶申し上げます。

                               敬具
                               〇〇〇〇〇株式会社
                               〇〇 太郎

ページトップへもどる

歳暮送付の挨拶(3)

歳暮送付の挨拶(3)のテキスト

拝啓
 歳末の候、皆様におかれましては御健勝のこととお慶び申し上げます
毎々のご厚情を賜りまして、大過なく年の瀬を迎えることができました。来る年も変わらぬご厚誼の程、心からお願い申し上げます。
 さて、本日○○百貨店より粗酒をお送り致しました。お口にあいますかどうか気掛かりではございますが、ご笑納いただければ幸いに存じます。
今後とも一層のご厚情の程、宜しくお願いいたします。
年末ご多忙かと存じますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
                                  敬具
 ○○年○○月○○日
                               ○○ 太郎
                                  花子

ページトップへもどる

歳暮送付の挨拶(4)

歳暮送付の挨拶(4)のテキスト

拝啓 今年も残りわずかとなってまいりましたが、いよいよご隆昌のことと存じます。日ごろはひとかたならぬご芳情にあずかり、心より御礼を申し上げます。
 本年も大過なく年の瀬を迎えることができましたのも、皆様がたのご指導ご支援の賜物と、深く感謝申し上げる次第です。
 つきましては、年末のごあいさつのしるしまでに、ささやかな品をお送り申し上げました。ご受納賜れば幸甚に存じます。
 今後ともよろしくお引き立てのほどをお願い申し上げまして、年末のごあいさつとさせていただきます。 
                               敬具
                               〇〇〇〇〇株式会社
                               〇〇 太郎

ページトップへもどる

歳暮送付の挨拶(5)

歳暮送付の挨拶(5)のテキスト

謹啓 歳末ご繁忙の折、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申しあげます。日頃は、格別のご厚情を賜り心よりお礼申しあげます。
 おかげさまで、本年もつつがなく業務を進展させることができました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と、厚くお礼申しあげます。
 つきましては、ささやかではございますが別便にてお歳暮の品をお送りいたしました。なにとぞご笑納いただければ幸いでございます。
 皆様のますますのご発展をお祈りし、年末のご挨拶とさせていただきます。
                               敬白
平成XX年一月十日
                XYZ株式会社
                 代表取締役 山田 太郎

ページトップへもどる

サイト内検索