ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

社屋仮移転の挨拶

社屋仮移転の挨拶は、今後の取引上早急に伝えなければならない情報です。トラブルなくビジネスの継続ができるよう、自社の状況変化に応じた情報を伝える文書です。

ポイント

  • 変更後の住所やアクセス方法を正確に伝える
  • これまでの感謝と変更後のビジネス継続のお願いを明記する
  • 相手のことを考えできるだけ早めに出す

社屋仮移転の挨拶

社屋仮移転の挨拶のテキスト

拝啓 初夏のみぎり、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、今般、当社社屋改築のため、一時下記の場所にて仮営業することになりました。当分の問、様々な面で少なからずご迷惑をおかけするものと存じますが、何卒、事情ご賢察の上、ご容赦くださいますよう心からお願い申し上げます。  まずは、書中にて事務所一時移転のご挨拶を申し上げます。               
                              敬具
  ○○年○○月○○日            ○○○○○株式会社              取締役社長 ○○ ○○  
               記
1.鶴亀商事本社仮事務所の所在地   〒101-0000 東京都○○区○○町○-○                  ○○ビル○○F 2.電話番号 (03)9999-9999   FAX番号 (03)9999-9999 3.移転日 200×年5月25日(月曜日)

                              以上

ページトップへもどる