ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

お中元のお礼

礼状は受けた行為に対し心から感謝の気持ちを述べ、さらなる友好関係を築くための文書である

ポイント

  • お礼の気持ちをタイミングよく伝える
  • 何のお礼か明示し、具体的な事項を添えると、こちらの気持ちがよく伝わる
  • お見舞いのお礼の場合は、今後の予定・見通しなどをしらせる

類似文書

お中元のお礼(1)

お中元のお礼(1)のテキスト

拝啓
 大暑の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、また、このたびは過分なお中元の品をお贈りいただき誠に有り難く厚く御礼申し上げます。喉をうるおす美味しいジュースに社員一同喜んでおります。
日ごろより、私どもこそがお世話になっておりますのに、このようなご丁重なご挨拶を賜り、たいへん恐縮しております。お心遣いに感謝申し上げます。
皆様のご芳志に応えられるよう、今後も社員一同で業務に邁進することをお誓いするとともに、皆様のますますのご盛栄をお祈り申し上げます。
まずは書中をもってご挨拶と御礼を申し上げます。
敬具
 
○○年○○月○○日
                                         
                   ○○○○○株式会社
                    代表取締役社長 ○○○○○
                                         
 ○○○○○株式会社
  代表取締役社長 ○○○○○様

ページトップへもどる

お中元のお礼(2)

お中元のお礼(2)のテキスト

拝啓
 猛暑の候、貴社いよいよご隆盛のこととお喜び申し上げます。毎度格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたびはご過分なお中元の品をご恵贈いただき、ありがたく拝受いたしました。日頃より、至らぬことばかりの私どもにこのようなご厚志を賜り厚く御礼申し上げます。
暑さの厳しい折から、皆様におかれましても、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
まずは、略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。
敬具
 ○○年○○月○○日
                   ○○○○○株式会社
                    代表取締役社長 ○○○○○
                                         
 ○○○○○株式会社
  代表取締役社長 ○○○○○様

ページトップへもどる

お中元のお礼(3)

お中元のお礼(3)のテキスト

拝啓
 盛夏の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたびは、○○○○デパートより結構なお中元の品を頂戴致しまして、誠にありがとうございます。ご過分なご配慮をいただき、恐縮に存じます。
このうえは、皆様のご厚志にお応えすべく、社業に励んでまいりますので、変わらぬご支援のほど宜しくお願い申し上げます。
末筆ではございますが、貴社の一層のご繁栄をお祈りいたし、お礼のご挨拶を申し上げます。
敬具
 ○○年○○月○○日
                                         
                   ○○○○○株式会社
                    代表取締役社長 ○○○○○
                                         
 ○○○○○株式会社
  代表取締役社長 ○○○○○様

ページトップへもどる

サイト内検索