ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

開店祝いへのお礼

礼状は受けた行為に対し心から感謝の気持ちを述べ、さらなる友好関係を築くための文書である

ポイント

  • お礼の気持ちをタイミングよく伝える
  • 何のお礼か明示し、具体的な事項を添えると、こちらの気持ちがよく伝わる

類似文書

開店祝いへのお礼(1)

開店祝いへのお礼(1)のテキスト

                               ○○年○○月○○日
株式会社○○○○○
○○○○○部
○○○○○様
                               株式会社○○○○○
                               ○○○○○部
                               ○○○○○
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、このたびの弊社「○○○店」の開店にあたりましては、ご多用の中わざわざご来店賜り厚く御礼申し上げます。また、心のこもったお祝いの品までいただき、ただただ恐縮いたしております。
今後は、弊社のモットーである「おいしさ・おもてなし・ご満足」を胸に、店員一同誠心誠意サービスにあい努める所存でございますので、なにとぞ末永くお引き立て、ご愛顧を賜りますよう、せつにお願い申し上げます。
まずは略儀ながら、書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。
                               敬具

ページトップへもどる

開店祝いへのお礼(2)

開店祝いへのお礼(2)のテキスト

株式会社〇〇〇〇
代表取締役 田中次郎様
謹啓 時下ますますご盛昌のこととお喜び申し上げます。
 さて、このたびは、弊社カフェレストラン「DANDANカフェ」代々木店の開店に際し、ご丁寧なお祝いをいただきまして、誠にありがとうございました。
 「DANDANカフェ」も東京都内で4店舗目となりました。これもひとえに皆様方のご厚情のおかげでございます。皆様のご期待にかないますよう、一層専心努力してまいる所存でございます。
 まずは取り急ぎ書面をもちまして、開店祝いのお礼まで申し上げます。
                               謹白
平成○年○月○日
                               株式会社エアステンス
                               代表取締役 山田太郎

ページトップへもどる